変額保険の賢い活用術

保険の知識

保険には、死亡時にいくら支払われると決まっている終身保険や定期保険などがあるのですが、それとは別に受取金額が定まっていない変額保険というものもあります。
わざわざ額が決まっていない保険を選ぶ意味が分からない、という人もいると思います。
変額保険はどのように活用すればいいのか、解説します。

変額保険とは?

まずは、変額保険がどのような保険なのかを解説します。
変額保険は、死亡保険金や満期保険金、解約返戻金がいくらになるのかが定まっていない保険で、運用実績によって金額が決まる保険です。

この中で、死亡保険金だけは最低保証金額が定められているので、一定金額は受け取ることができます。
また、保険の種類によっては満期保険金がないので、注意しましょう。

変動保険には、「終身型変額保険」「有期型変額保険」「変額個人年金保険」の3つがあります。
この中で、変額個人年金保険には最低保証金額が定められていないため、気をつけてください。

変額保険のメリットは、インフレリスクに強いという点です。
物価が上がれば、運用実績も上がりやすくなるため、インフレに応じて支払われる保険金なども増えていくのです。

しかし、契約時や資産運用の途中、解約時には様々な費用が掛かります。
また、財産を預けて運用してくれる投資信託と比べると、利回りが悪いという点もあります。
何より、運用実績次第では損をする可能性があるというのがデメリットでしょう。

変額保険の賢い活用術

変額保険を賢く活用するには、どうしたらいいのでしょうか?
変額保険の賢い活用術について、解説します。
ただし、説明するのはあくまでもおすすめの方法であり、活用方法は1つではないので、自分なりの活用方法を考えてもいいでしょう。

変額保険は、運用実績に応じて保険金などの受け取ることができる金額が変動する保険ですが、死亡保険金は最低保証があるので、一定以下に下がることはありません。
保険と同時に、資産運用と貯蓄をしたいという人であれば、有効に活用できます。

また、死亡保険金を受け取ることで、相続税対策にもなります。
相続税対策としては終身保険を選ぶ人も多いのですが、変額保険のほうが終身保険より保険料がリーズナブルなので、加入中の負担が少なくなります。

変額保険を活用するのであれば、定年退職金の一部など、多額の余裕資金を運用するというのがおすすめです。
まとまった金額の運用として活用し、万が一減少してもあまり困らない資金の活用方法としてください。

変額保険の運用先を選ぶ時は、過去の実績が良好なところを選びましょう。
特別勘定の「設定来の騰落率」に注目して、リーマンショックやコロナショックなどの騰落もチェックしましょう。

大暴落が起こった時はどんな運用先も実績が悪化することは避けられませんが、過去の成績が好調ならいずれ復活します。
また、危機を乗り越えた後は長く伸びていく可能性が高くなります。

最低でも10年以上の長期間加入して、短期的な実績に一喜一憂しないことを心がけてください。
短期的に暴落しても、長期的にみるとそれを弾みとして好成績になるかもしれません。

また、担当者を選ぶ際は、自分で変額保険に加入している人がおすすめです。
自分が加入していれば、メリットやデメリット、運用法なども問題なく教えてもらうことができるでしょう。

まとめ

変額保険は、加入中に預かった保険金を運用して利益を出すことを目的とした保険で、成績次第で満期保険金や解約返戻金、死亡保険金の金額が変わります。
運用では利益が出ることが多いため、通常の保険より多くの保険金を受け取ることも可能ですが、確実ではありません。
変額保険については、活用術もよく考えた上で加入することをおすすめします。

タイトルとURLをコピーしました